ショッピング王ルイ

\このドラマを見るならココ!/

配信サービス 配信状況 無料期間
見放題
31日間無料
今すぐ見る

※配信情報は5月4日時点

話数 全16話(編集版22話)
制作 MBS
キャスト ソ・イングク/ナム・ジヒョン/ユン・サンヒョン/イム・セミ/オ・デファン/オム・ヒョソプ/キム・ヨンオク/キム・ソニョンほか
日本語字幕/吹き替え あり/なし
相関図
ショッピング王ルイ 相関図
©KNTV
挿入歌(OST)/主題歌/エンディング曲
Navigation
The Way
The Time
Hello
Love Is
Falling Slowly
The Tigrt Moth
Fine

幼い頃に事故で両親を亡くしたルイ(ソ・イングク)は、唯一の血縁であり黄金財閥の会長である祖母の言いつけで、フランスにある大邸宅で使用人に囲まれて暮らしていた。何不自由ない生活ではあるが孤独なルイの唯一の楽しみは『買い物』。その天性の才能ともいえる目利きの技から“ショッピング王”と呼ばれていた。 そんなある日、15年ぶりに韓国に帰国したルイは慣れない運転をした結果、気が付くと記憶を失い、無一文のホームレスになっていた。
その頃、山奥育ちのボクシル(ナム・ジヒョン)は家出した弟ボクナムを探すためソウルに上京、そこでボクナムの洋服を着たルイを見つける。しかしルイはボクナムのことなど知らず、記憶もお金もない。困ったボクシルはルイが記憶を取り戻すまで面倒を見ることにし、生活費を稼ぐため黄金財閥のグループ会社・ゴールドラインドットコムで清掃員として働き始める。 そこで本部長のジュンウォン(ユン・サンヒョン)と鉢合わせて驚くボクシル。なんとジュンウォンはボクシルがソウルへの車中で荷物を盗られ一文無しになった時に、無理やり高麗人参を売りつけた相手だった。

\このドラマを配信中のおすすめサービス/

配信サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT
見放題
31日間無料/600pt付与
今すぐ見る
tsutaya discas
レンタル
30日間無料
お試しする
FOD
見放題
2週間無料
今すぐ見る
hulu
見放題
2週間無料
今すぐ見る
abematv
配信中
視聴時間制限あり
×
netflix ネットフリックス
配信中
なし
×
amazon prime video アマゾンプライム
配信中
prime会員のみ
×
gyao
配信中
レンタル
×
jpmovie
サイト閉鎖
×
サイト閉鎖
×

※配信情報は5月4日時点

注意

dailymotion(デイリーモーション)やpandora(パンドラ)などの海外無料動画サイトを利用するとウイルスに感染する危険性があります。

ウイルスに感染するとパソコンのフリーズや写真やクレジットカードなど個人情報の流出につながります。

安全に視聴したい方は動画配信サービスの利用をおすすめします。

動画配信サービスのメリット
  • ウイルス感染のリスクなし
  • しつこい広告なし
  • 高画質・高音質

※以下のあらすじはネタバレ含みます

第1話『ピック・ミー』

ゴールドライン社会長の孫カン・ジソンは、幼い頃に事故で両親を亡くして以来、祖母の言いつけでヨーロッパで暮らしている。家族がいない一人寂しい生活の中、唯一の楽しみはショッピング。ルイという名で世界中の商品を買いあさる日々で、その目利きの良さから、今や“ショッピング王”と呼ばれるまでに。一方、韓国の山奥で生活をするコ・ボクシルは、祖母の死をきっかけに行方知れずの弟ボクナムを捜すため、ソウルに上京する。

第2話『僕の新しい世界』

路上で弟の服を着て寝ているジソンを見つけたボクシルは、弟の行方を問い詰める。ところが、ジソンは帰国してすぐに車で事故を起こし、記憶をすべて失っていた。自分が誰か分からず不安をにじませるジソンを放っておけず、ボクシルは弟を捜す手がかりとして、しばらくの間ジソンの面倒をみることにする。その頃、ジソンの親族たちは悲しみの中葬儀を執り行い、チェ会長は愛する孫に先立たれたショックから、体調を崩してしまう。

第3話『彼女』

清掃員として働くボクシルは、仕事先のゴールドライン社で高麗人参を売りつけたチャ・ジュンウォンと鉢合わせする。ジュンウォンはボクシルに渡し損ねていた高麗人参の代金を支払うとともに、商品企画室で働くよう命じる。一方、ボクシルと屋根部屋で共同生活を始めたジソン。相変わらず自分のことを思い出せずにいたが、下着に“ルイ”と刺繍がされていたことで、ボクシルや階下に住むインソンからルイと呼ばれるようになる。

第4話『僕の記憶』

買い物癖が抜けないルイは、必要に駆られるとすぐにネット注文をしてしまい、ボクシルに怒られてばかり。ルイに散財され困り果てるボクシル。だが、田舎から単身で上京してきたボクシルには、ルイの存在は心強かった。断片的ながらルイに過去の記憶が現れる中、ゴールドライン社次期会長の座を狙うペク社長と夫人は、ルイに酷似した青年を街中で見かける。度重なる目撃に、ペク社長はルイが生きているのではないかと疑うようになる。

第5話『星月夜』

風邪をひいたボクシルを見舞おうと自宅を訪れたジュンウォン。社内の噂通り、ルイと共同生活をしている事実を知ったジュンウォンは、唐突にも自分との同居をルイに提案する。その後も、ルイのことで職場の先輩たちから冷やかされるボクシルを見ては、胸がざわつくジュンウォン。自分の目の届くところにボクシルを置こうと、急きょ釜山への出張に同行させる。それを知ったルイはいてもたってもいられず、インソンと共に釜山へと向かう。

第6話『君を愛するために生まれた』

ルイはボクシルとのデートに向かう途中、車と接触し転倒する。その車を運転していた室長のペク・マリは、ジソンとうり二つのルイを見て絶句する。話口調までもジソンとそっくりなルイに、マリは同一人物であることを予感する。その頃、ゴールドライン社のショッピングサイトでも“ショッピング王ルイ”という名で、商品に対する辛辣なコメントが多数書き込まれ、それを見たキム執事もまた、ジソンが生きているのではと予感し始めていた。

第7話『たぶん、それは愛』

ボクシルたちが住む屋根部屋で殺人事件が起きる。2人は無事だったものの、警察は凶器の指紋や身元不詳の点でルイを疑うが、ジュンウォンが身元の保証をしたことで、事なきを得る。ジュンウォンは暫くの間、ボクシルとルイを居候させることにするが、2人の親密ぶりを目の当たりにして、心のざわめきは増すばかりだった。一方、テレビに映るルイを観た祖母のチェ会長とキム執事はジソンであることを確信し、本格的にジソンを捜しはじめる。

第8話『僕のものになって』

ゴールドライン社の商品企画室ではブラックフライデー開催の準備で慌ただしくしていた。そこに来るはずだったアルバイトにドタキャンされ、ジュンウォンが急きょルイを呼び出す。ジュンウォンのスーツを着こなし颯爽と現れたルイに釘付けになる商品企画室のメンバーたち。そんな中、マリはルイに気づくと、気まずさのあまり逃げ去ってしまう。その後、殺人事件の犯人は捕まり、世話になったジュンウォンに礼を告げてボクシルたちは帰宅する。

第9話『君がいないと笑えない』

ルイは屋根部屋に帰宅すると、待ち伏せしていた黄金財閥の護衛たちに捕まり、チェ会長の元に連行される。その後、ボクシルとインソンはルイの身元を調べていた刑事から、ルイが黄金財閥のカン・ジソンだと報告を受け驚く。記憶は失われているもののルイが生きて帰宅したことに、心から喜ぶカン会長やキム執事。次期会長の座を狙っていたペク社長は、ルイの生存が判明したことでカン会長の持ち株譲渡が半分となり、再び厳しい立場となる。

第10話『心を照らす月明かり』

ボクシルは刑事から、弟ボクナムが車の事故で死亡したと告げられる。皮肉にもその車はルイが運転していたはずの車であることが判明し、ボクシルは深くショックを受ける。チェ会長にも遠まわしにルイと距離を置くように言われ、失意のボクシルは、ソウルでの生活に見切りをつけて故郷の江原道に帰る。久しぶりに帰った自宅で、ひとり静かに生活を始めたボクシル。山菜採りから戻ってくると、様子を窺いにきたジュンウォンが訪ねてくる。

第11話『夢の中の君』

ルイはジュンウォンの後任として商品企画室本部長に、そしてボクシルは“新鮮ライン”という社名で通販会社を立ち上げ、それぞれ新生活が始まる。ジュンウォンは理事という立場でボクシルを公然と支える傍ら、ボクシルに近づけないルイは、秘密裏にクムジャやインソンに頼んでボクシルを支えようとする。ある大雨の日、過去のトラウマから体調を崩すボクシルを心配するルイは屋根部屋に向かうが、一足先にジュンウォンが訪ねていて…。

第12話『夢はもうすぐ現実に』

フランスに飛び立ったはずのルイは釜山へと向かい、そこで思いがけずボクナムに遭遇する。ルイに気づき大慌てで逃げるボクナムを必死に追いかけるルイ。その途中で転倒したルイは、事故の日の記憶が全てよみがえり、ボクナムは、走行中にバイクで絡んできた不良グループから自分を守ってくれたことを思い出す。ボクナムの生存を心から喜ぶルイは、ジュンウォンやキム執事、インソンらを巻き込んで、ボクシルにサプライズを計画する。

第13話『この瞬間』

ボクシル宅で起きた事件の被害者であるク室長の意識が回復する。刑事たちが病院に駆けつけるも、すでにク室長の姿はなく、ペク社長と接触して高飛び用の資金を用意するよう迫っていた。ボクシルへの思いが止まらないルイは、再びボクシルの自宅や新鮮ラインの職場に足しげく通うようになり、その様子を目の当たりにするジュンウォンの心境は複雑だった。ルイはボクシルを祖母のチェ会長に会わせるため、食事を兼ねて自宅に招待する。

第14話『勝者独り占め』

高飛び用の資金を盗まれたク室長は、再びペク社長から資金をせがもうと夫人の経営する店を訪ねると、そこで思いがけずルイと鉢合わせてしまう。以前に電話を受けたことがあるルイは聞き覚えのある声だと尋ねるが、ク室長はペク社長と共に言葉を濁して店を出る。ゴールドライン社と新鮮ラインの合併が決まり合同合宿が行われる。その夜、外のベンチで会う約束をしたルイとボクシル。ところが待ち合わせの場所にボクシルは現れずにいた。

第15話『私のすばらしい人生』

ク室長はマリと間違えてボクシルを誘拐する。娘を人質にもう一度ペク社長からお金を巻き上げようと企むも、ク室長は運転事故を起こしてしまう。搬送先の病院でク室長は逮捕され、じきに関与が明るみになると察したペク社長は自首することを決意する。一方、探していた宝箱を別荘の床下から見つけたルイとキム執事。思い出の品の中から、ルイと両親が映るビデオテープの映像を見たチェ会長は、懐かしさと愛おしさに大粒の涙を流す。

第16話(最終回)『星に願いを』

眠ったまま静かに息を引き取ったチェ会長。唯一の血縁である祖母を亡くしルイは深く悲しむが、そんな中、ホ執事の妊娠が発覚する。ルイは父親同然に面倒をみてくれていたキム執事が本当の父親になることを心から喜ぶ。ゴールドライン社の社長に就任したジュンウォン、商品企画室の本部長として部下をまとめるルイ、新鮮ラインを運営するボクシル、それぞれが新たな環境で奮闘する中、ルイの自宅でキム執事とホ執事の結婚式が行われる。

YouTube

あらすじはKNTV様より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です